2007年08月16日

ステンドグラスって、 らく?

仕事でステンドグラスを作っていると言うと、99%の人が
「わ〜っ すてきなお仕事ね!」 「夢があっていいわネ〜」
「高いから儲かるでしょ?」 とか、
「マジ? ホントにー? ウソー? 誰がつくるの? 教えてるの?」
なんて
言いたい放題です。
(じゃ,何の仕事なら納得してくれるの?って聞いてみたいです
が・・・)

ステンドグラス工房って、楽な商売(?)ですかネ〜?
これは,実は苦しいんです! 自分との戦いですね〜!
肉体労働であり,精神労働なんですね〜。
もともと楽な商売なんて無いと思いますが・・。

カルチャースクール等で習った経験のある人も、すごく多いですし
結構脱サラなんかで、エッチング工房などと一緒に開業される方も多い
んですよね。
あんまり長続きしないところも多いですが・・・
脱サラで開業までは、誰でもできますが、『維持』していくのが難しい
ですよね。

中学生の職場体験ってありますが、当工房で実際に経験した中学生もい
ますし、
保護者や先生方とも話しましたことがあります。
「子供が絵が得意なんです。将来手に職をつけるのもいいと思って、
ステンドグラス屋さんっていかがですか?」

いつも返事は決まっています。
「仕事の一つとしてご経験されるのはいいと思いますが、食べていくの
は大変ですよ!」

じゃーどうして続けているんでしょうか?  なんでしょうねー
デザインに苦しんだ分余計に、決まった時は 嬉しい! ですね!
完成した時の達成感もひときは嬉しいですね!
納品してお客様に喜んでいただいたときは、また格別ですね!

年中貧乏してますが、この喜びのために続けているんですね。
posted by テルママ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5047883

この記事へのトラックバック